【即日融資も可能】プロミスの口コミや評判とは?借り方・流れを解説

プロミスではどんな流れでお金を借りることができる?

プロミスの口コミや評判ってどうなの?

現時点でプロミスに関心を持っているあなたなら、プロミスでお金を借りるまでの流れに加え、プロミスの口コミや評判なども気になりますよね。

そこでここでは、プロミスでお金を借り方の流れはもちろん、

この記事でわかること

  • プロミスを利用している人の口コミや評判
  • プロミスの審査難易度
  • プロミスの金利や返済方法
  • 借入金を延滞してしまった場合のリスク

に至るまで、様々な角度から徹底解説していきたいと思います。

あらかじめ以下の内容を把握しておけば、スムーズにプロミスでお金を借りることができる上、返済方法で困ることもありませんよ。

目次
  1. プロミスでのお金の借り方|お金を借りる流れ
    1. プロミスでお金を借りる際に必要な書類は原則、本人確認書類のみ
    2. プロミスで即日融資を狙うなら、理想は午前中、最悪20時までの申し込みが必須
  2. プロミスを利用している人の口コミ・評判
    1. 良くない口コミ|プロミスの金利は高い
    2. 良い口コミ1|プロミスは初回30日間無利息で利用できる
    3. 良い口コミ2|プロミスの審査は通りやすい
  3. プロミスの審査の厳しさ・甘さを調査
    1. プロミスの審査にかかる時間は30分程度
    2. 初めてプロミスを利用する場合の利用限度額は50万円
  4. プロミスから借りた場合の金利
    1. プロミスから10万円借りた場合の金利
    2. プロミスから30万円借りた場合の金利
    3. プロミスから50万円借りた場合の金利
  5. プロミスからの借り入れの返済方法や返済期限
    1. プロミスでは通常、残高スライド元利定額返済方式が適用される
    2. まとまったお金ができたら一括返済でプロミスからの借金にピリオドを打つこともできる
    3. お金に少し余裕ができたら増額返済でプロミスでの手数料負担を軽減できる
  6. プロミスの返済を延滞した場合のリスクと対処法
    1. プロミスの返済を延滞した場合のリスク①遅延損害金が発生する
    2. プロミスの返済を延滞した場合のリスク③一括返済を求められる
    3. プロミスの返済を延滞した場合の対処法①まずはプロミスに電話する
    4. プロミスの返済を延滞した場合の対処法②可及的速やかに返済する
  7. プロミスを申し込むならWEB完結がおすすめ!
    1. プロミスからの郵送物を回避したいならカードレスで契約する
  8. プロミスで急場をしのぐお金を借りよう!

プロミスでのお金の借り方|お金を借りる流れ

プロミスでのお金の借り方|お金を借りる流れ

プロミスでお金を借りる手順を解説

プロミスでお金を借りる流れは以下の通りです。

チェックポイント

  1. プロミスの公式ホームページ』にアクセスする
  2. 今すぐお申込み』のバナーをタップする
  3. 必要事項を入力して申請する
  4. 審査
  5. 借り入れが可能となる

プロミスでは、WEB完結申し込みの他、電話での申し込みや店舗での契約も可能ですが、最もスピーディに契約することができる方法としては、WEB完結がおすすめです。

ちなみに、融資を受ける方法としては、以下の2通りがあります。

あなたが好きな方法を選択すると良いでしょう。

チェックポイント

  • プロミスカードを発行して、プロミスATMや提携コンビニATMなどでお金を借りる
  • プロミスカードを発行せずに、指定の口座に振り込みしてもらう

 

プロミスでお金を借りる際に必要な書類は原則、本人確認書類のみ

プロミスでお金を借りる際に必要な書類は原則、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類のみです。

ただし、以下のいずれかに該当する場合は、本人確認書類に加え、源泉徴収票や確定申告書などの収入証明書が必要です。

注意事項

  • プロミスからの借り入れ希望額が50万円を超える場合
  • プロミスからの借り入れ希望額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合

したがって、収入証明書を用意することができない場合は、プロミスでは最大50万円までしか融資を受けることができないことを覚えておきましょう。

プロミスで即日融資を狙うなら、理想は午前中、最悪20時までの申し込みが必須

プロミスで即日融資を狙うなら、理想は午前中、最悪20時までの申し込みが必須となります。

なぜなら、プロミスの審査受付は21時までであり、21時までに審査を突破しなければ、翌日に回されてしまうためです。

もちろん、あちこちから申し込みがプロミスに集中した場合、審査までに想定以上の時間がかかってしまう可能性もあります。

この点を踏まえるとやはり、理想としては午前中にプロミスの申し込み手続きを済ませてしまうのが良いでしょう。

チェックポイント

  • プロミスで即日融資を狙うなら、どれだけ遅くとも20時までの申し込みが必須
  • プロミスの審査受付は21時まで
  • プロミスで確実に即日融資を受けたいなら、午前中に申し込み手続きを完了しておく

なお、よりスムーズにプロミスの審査を進めたいのであれば、申請内容や必要書類に不備がないように、念入りにチェックしておくことをおすすめしますよ。

プロミスを利用している人の口コミ・評判

プロミスを利用している人の口コミ・評判

プロミスユーザーの本当の声を知ろう!

プロミスを実際に利用している人の口コミはどうなの?

良くない評判と良い評判の両方を知りたい!

前向きにプロミスの利用を検討しているあなたなら、プロミスの口コミや評判が気になりますよね。

良くない口コミ

  • 金利が高い

良い口コミ

  • 初回の30日は無利息で融資を受けられる(条件アリ)
  • 審査が案外すんなり通る

上記のようなプロミスの口コミは多く出てきます。

そこでここでは、プロミスに関する良くない口コミと良い口コミの双方をピックアップし、それぞれに考察を加えていきたいと思います。

ぜひあなたも、プロミスのメリットだけではなく、デメリットと言われている部分にも目を向けた上で、プロミスの申し込み手続きに進んでくださいね。

良くない口コミ|プロミスの金利は高い

まず最初に紹介する口コミは、プロミスの金利に関する内容です。

お金を借りる上で重要な項目となってくるのが金利の高さです。

口コミをご覧いただければお分かりの通り、プロミスの金利は高いと評価されていますね。

ただし、プロミスと同じ消費者金融系カードローンと比較すると、プロミスだけが高いというわけではないことが分かります。

  • プロミス:4.5%〜17.8%
  • アコム:3%〜18%
  • アイフル:3%〜18%
  • SMBCモビット:3%〜18%

ご覧の通り、金利の上限に関しては、アコムやアイフル、SMBCモビットなどよりも低い17.8%となっています。

したがって、プロミスからお金を借りた後、スムーズに返済することさえ意識していれば、金利で大きなダメージを受けることはないでしょう。

良い口コミ1|プロミスは初回30日間無利息で利用できる

続いて紹介する口コミのは、無利息期間に関する内容です。

先ほどは金利が高いことを良くない口コミとして取り上げましたが、こちらをご覧いただければ安心していただけるのではないでしょうか。

あなたが今回、初めてプロミスを利用するのであれば、30日間は無利息で利用することができます。

つまり、30日以内に返済すると、一切利息なしで融資を受けることができるというわけですね。

ただし、30日間無利息キャンペーンを享受するためには、以下の2つの条件を満たす必要があることは覚えておきましょう。

注意事項

  • 初めてプロミスを利用する
  • メールアドレスを登録の上、web明細を利用する

良い口コミ2|プロミスの審査は通りやすい

最後に紹介する口コミは、プロミスの審査に関する内容です。

もしかするとあなたは、プロミスの審査に通過できるか不安で、最後の一歩を踏み出せずにいるかもしれませんが、以下の口コミをご覧いただければ、勇気がわいてくると思います。

ご覧の通り、プロミスの審査は通りやすいという評価が目立ちます。

もちろん、あまりにも他社からの借入額が多かったり、信用情報に大きな傷が残っていたりする場合は例外ですが、基本的にはそこまでプロミスの審査に対して構える必要はないでしょう。

プロミスの審査の厳しさ・甘さを調査

プロミスの審査の厳しさ・甘さを調査

プロミスの審査に通るか不安な方は必見!

プロミスの審査について、もう少し詳しく知りたい!

プロミスの審査にかかる時間や利用限度額についてはどうなの?

あなたもこのような疑問をお持ちかもしれませんね。

先ほどの項でも触れましたが、プロミスの審査はそこまで厳しいわけではありません。

その理由の一つとして、プロミスが消費者金融系のカードローンに属することが挙げられます。

カードローンの中には、楽天銀行カードローンなどの銀行系カードローンもありますが、銀行系カードローンは消費者金融系と比較すると、少々審査が厳しい傾向があります。

チェックポイント

  • プロミスは消費者金融系カードローンであり、審査はそこまで厳しいわけではない
  • 消費者金融系と銀行系カードローンなら、銀行系カードローンの方が審査は厳しい

以上を踏まえると、最低限の信用情報と返済能力を備えていれば、プロミスの審査を問題なく突破できると言って良いでしょう。

ただ、唯一と言っても良いのですが、収入のない専業主婦はプロミスで申込みができません。

詳しくは『プロミスは専業主婦でも借りられる?無収入の状況なら審査は通らない?!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

プロミスの審査にかかる時間は30分程度

プロミスの公式ホームページ』を覗いてみると、『最短1時間融資も可能!』というフレーズが目に飛び込んできます。

これに加え、先ほどの項目で紹介した口コミの内容を踏まえると、プロミスの審査にかかる時間は30分程度と考えておくと良いでしょう。

もちろん、申請内容や必要書類に不備がある場合はこの限りではありません

。あなたが申し込み手続きを進める際には、申請内容や必要書類を十分にチェックした上で、申請してくださいね。

プロミスの審査から融資にかかる時間・流れは『プロミスの審査の時間は最短何時間?土日や融資までの時間を解説』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

初めてプロミスを利用する場合の利用限度額は50万円

今回あなたが初めてプロミスを利用する場合、利用限度額は50万円までとなります。

2回目以降は増枠申請が可能であり、最大で500万円までの枠を享受することもできますが、初回に関しては50万円限度のスタートであることを理解しておきましょう。

  • 初回:最大50万円まで
  • 2回目以降:最大500万円まで

最初は50万円しか借りることができないのか…

と思われるかもしれませんが、裏を返せば使い過ぎを防いでくれるシステムともいえます。

まずは少額からスタートし、返済の目処が立つようであれば、追加で融資を受けるという流れが良いのではないでしょうか。

プロミスの審査については『【プロミスの審査は厳しい?甘い?】審査や融資までにかかる時間も解説!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

プロミスから借りた場合の金利

プロミスから借りた場合の金利

プロミスから借りる前に返済のシュミレーションをしておこう!

プロミスから借りた場合の金利ってどれくらい?

具体的にいくらくらい返済することになるのかを知っておきたい!

プロミスからお金を借りるとなると、これらの疑問が生じるのは当然のことですよね。

そこでここでは、以下の3つの項目を挙げながら、プロミスから借りた場合の金利について具体的にシミュレーションしていきたいと思います。

  • プロミスから10万円借りた場合の金利
  • プロミスから30万円借りた場合の金利
  • プロミスから50万円借りた場合の金利

あなたが借りようとしている額をイメージしながら、以下の内容を読み進めてくださいね。

プロミスから10万円借りた場合の金利

プロミスから10万円借りた場合の返済イメージは以下の通りです。

返済期間(回数) 各回返済金額 返済総額
1年以内(11回) 10,000円 109,043円
2年以内(24回) 5,000円 119,490円
3年以内(32回) 4,000円 125,864円

ご覧の通り、10万円を1年以内に返済することができれば、利息は9,043円に抑えることができます。

もちろん、タイミングによっては余裕のある月も出てくると思いますので、そんな時には返済金額を上乗せし、どんどん返済期間を短縮していきましょう。

プロミスから30万円借りた場合の金利

プロミスから30万円借りた場合の返済イメージは以下の通りです。

返済期間(回数) 各回返済金額 返済総額
1年以内(12回) 28,000円 329,160円
2年以内(24回) 15,000円 358,508円
3年以内(36回) 11,000円 387,289円

10万円を借りる場合と比較すると、一気に利息が増えましたね。

ご覧の通り、1年以内で返済するとしても、トータルで30,000円近くの利息がかかってくることを念頭に置いておきましょう。

プロミスから50万円借りた場合の金利

プロミスから50万円借りた場合の返済イメージは以下の通りです。

返済期間(回数) 各回返済金額 返済総額
1年以内(12回) 46,000円 549,288円
2年以内(24回) 25,000円 597,524円
3年以内(34回) 19,000円 638,578円
4年以内(47回) 15,000円 694,862円
5年以内(58回) 13,000円 746,160円

当然ではありますが、借り入れ金額が50万円にもなると、利息も一気に膨れ上がります。

特に、5年かけて返済することを想定した場合、利息分だけで246,160円もの金額が発生してしまうことが分かります。少々怖いですね。

あなたもぜひ、プロミスでお金を借りるのであれば、具体的にどれくらいの金額を借りて、どれくらいの期間をかけて返済するのかをイメージしておきましょう。

返済計画を曖昧にしてしまうと、だらだらと返済することにつながってしまい、どんどん利息が膨れ上がるばかりですよ。

プロミスからの借り入れの返済方法や返済期限

プロミスからの借り入れの返済方法や返済期限

返済場所や返済方法を理解しておこう!

プロミスから借り入れした場合、どんな返済方法が適用されるの?

プロミスから借り入れした場合の返済期限は?

プロミスからの借り入れ〜返済までをよりリアルにイメージすると、返済方法や返済期限といった項目が気になってきますよね。

そこでここでは、以下の3つの項目を挙げながら、プロミスでの返済方法や返済期限について解説していきたいと思います。

  • プロミスでは通常、残高スライド元利定額返済方式が適用される
  • まとまったお金ができたら一括返済でプロミスからの借金にピリオドを打つこともできる
  • お金に少し余裕ができたら増額返済でプロミスでの手数料負担を軽減できる

ご覧の通り、一口に返済と言ってもその種類は様々で、余裕ができたら一括返済や増額返済で、一気に返済期間を短縮することもできます。

早速、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

プロミスでは通常、残高スライド元利定額返済方式が適用される

プロミスで借り入れした場合の返済方法ですが、通常は残高スライド元利定額返済方式が適用されます。

残高スライド?何それ?

と思われるかもしれませんが、簡単に言うと最終借入後の残高に応じて、返済金額が変動する方式のことです。

ちなみに返済期限は、借り入れ金額が大きくなればなるほど伸ばすことができます。

以下、借入後残高と返済金額、返済回数の関係について見てみましょう。

借入後残高 返済金額 返済回数
30万円以下 借入後残高×3.61%(1,000円未満切り上げ) 〜36回
30万円超過~100万円以下 借入後残高×2.53%(1,000円未満切り上げ) 〜60回
100万円超過 借入後残高×1.99%(1,000円未満切り上げ) 〜80回

ご覧の通り、借入後残高が30万円以下の場合は、最大36回までしか返済期限を伸ばすことができないのに対し、借入後残高が100万円を超過しているケースにおいては、最大80回まで返済期限を伸ばすことが可能です。

もちろん、返済期限が伸びれば伸びるほど、利息は膨れ上がっていくことを忘れてはいけませんよ。

プロミスの金利については『プロミスの借り入れにかかる金利・利息とは?延滞時の遅延損害金の利息も解説』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

まとまったお金ができたら一括返済でプロミスからの借金にピリオドを打つこともできる

ボーナスやサイドビジネスなどで、あなたにまとまったお金が入ってきたら、一括返済でプロミスからの借金にピリオドを打つこともできます。

当然、前倒しで完済した方がトータルで支払う金額は少なくなるため、節約効果の観点からみても一括返済できるに越したことはありません。

チェックポイント

  • まとまったお金ができたら、一括返済で借金にピリオドを打つことも可能
  • 節約効果の観点からみても、一括返済できるに越したことはない

ちなみに、一括返済の場合にかかる利息は、利用した日数分のみです。

つまり、一日でも早く完済した方が、利息の負担は軽減することができますよ。

一括・増額返済の方法やメリットは『プロミスの借入金を一括返済する方法|一括返済や増額返済で利息を減らそう!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

お金に少し余裕ができたら増額返済でプロミスでの手数料負担を軽減できる

一括返済はさすがに難しい!

という場合でも、少し上乗せして返済することならできるのではないでしょうか。

前述した通り、プロミスの返済方式は基本、残高スライド元利定額返済方式が適用されますが、定められた金額以上の返済であれば、あなたが自由に金額を設定することができます。

つまり、余裕のある月は増額返済し、そこまで余裕が作れなかった月は残高スライド元利定額返済方式で定められた金額を返済していくことで、徐々に完済までの期間を短縮できる上、トータルで負担する利息も軽減できるというわけです。

チェックポイント

  • 定められた金額以上の返済であれば、あなたが自由に金額を設定することができる
  • 余裕のある月は増額返済を意識することで、完済までの期間を短縮できる上、トータルで負担する利息も軽減できる

ここまでをまとめると、余裕ができたタイミングでできるだけ返済額を増やし、トータルのコストを押さえましょうという話ですね。

借金の返済については、とにかく一日でも早い返済が吉ですよ。

プロミスの返済日や返済方法は『プロミスの返済方法や返済場所をチェック!返済日を守らないと起こるリスクに注意!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

プロミスの返済を延滞した場合のリスクと対処法

プロミスの返済を延滞した場合のリスクと対処法

滞納は信用情報に傷がつくリスクが大きすぎる!

もし万が一、プロミスの返済を延滞しちゃった場合はどうなるの?

プロミスの返済を延滞してしまった時の対策法は?

最悪の事態を想定し、万全の準備を整えるという意味では、プロミスの返済を延滞した場合のリスクや対処法もおさえておきたいですよね。

そこでここでは、以下の6つの項目を挙げながら、プロミスの返済を延滞した場合のリスクや対処法について解説していきたいと思います。

  • プロミスの返済を延滞した場合のリスク①:遅延損害金が発生する
  • プロミスの返済を延滞した場合のリスク②:あなたの信用情報に傷がつく
  • プロミスの返済を延滞した場合のリスク③:一括返済を求められる
  • プロミスの返済を延滞した場合のリスク④:裁判沙汰に発展する

 

  • プロミスの返済を延滞した場合の対処法①:まずはプロミスに電話する
  • プロミスの返済を延滞した場合の対処法②:可及的速やかに返済する

うわぁ、改めて見ると、リスクが大きいですね!

と事の重大さにお気づきいただけたのではないでしょうか。

それでは早速、それぞれの項目について、詳しく見ていきましょう。

プロミスの返済を延滞した場合のリスク①遅延損害金が発生する

プロミスの返済を延滞した場合、遅延損害金が発生してしまいます。

要は、あなたの金銭的負担が大きくなるということです。ちなみに、遅延してしまった場合の利率は20.0%(実質年率)となっています。

注意事項

  • プロミスの返済を延滞した場合、遅延損害金が発生してしまう
  • 遅延利率は20.0%(実質年率)

もうお気づきと思いますが、遅延利率は通常の金利よりも高く設定されています。

お金に困っているからプロミスを利用するにもかかわらず、遅延によってさらに自分の首を締めてしまうと考えれば、何が何でも返済には遅れないようにしたいですね。

プロミスの返済を延滞した場合のリスク②あなたの信用情報に傷がつく

プロミスの返済を延滞した場合、あなたの信用情報に傷がついてしまいます。

信用情報に傷がつくってどういうこと?

と思われたあなたに向けて簡単に説明しておくと、信用情報はカードローンの他、クレジットカードの入会時やマイホームの購入時など、ありとあらゆる審査の際に参考にされる情報です。

つまり、プロミスの返済で油断して延滞を招いてしまった場合、その後にあなたが受ける審査が全て不利になってしまうことになります。

ちなみに、信用情報に傷がついてしまうと、最低でも5年間はその傷が消えることはありません。

注意事項

  • プロミスの返済を延滞した場合、あなたの信用情報に傷がつく
  • 信用情報に傷がつくと、ありとあらゆる審査で不利になる
  • 信用情報に傷がつくと、最低5年間は傷が消えることはない

たった一度、返済で気を抜いただけで、5年という長期間において、大きなデメリットを被り続けるのは痛いですよね。

ぜひあなたの信用情報を守るためにも、返済計画は綿密に立てておき、一日たりとも遅延しないように心がけましょう。

プロミスの返済を延滞した場合のリスク③一括返済を求められる

プロミスの返済を延滞した場合、電話や書面で督促が届きます。

もちろん、その時点で即対応すれば大きな問題には発展しませんが、複数回にわたる督促を無視したり、ずっと返済をできずにいると、一括返済を求められてしまうのです。

そもそも毎月の返済が滞っているのに、一括返済とか無理に決まってる!

と言いたくなるかもしれませんが、一括返済はプロミスの返済を延滞した場合の罰としては当然の内容です。

つまり、返済を先延ばしにすればするほど、結局苦しくなるのはあなた自身であるということ。

お金を借りるというのは、遅延損害金の発生や信用情報の欠落の他、一括返済を求められるリスクを包括することを改めて理解しておきましょう。

プロミスの返済を延滞した場合のリスク④裁判沙汰に発展する

一括返済にも応じなかったらどうなるの?

という疑問に対してですが、最終的には裁判沙汰に発展してしまいます。

ここまできてしまうと、もう後がありません。

素直に裁判所の出頭命令に応じ、健全な話し合いを進めましょう。

万が一、あなたが裁判所の出頭命令を無視してしまったら、最終手段として差し押さえが実行されます。

土地や自動車、銀行預金などの他、給料の差し押さえに至る可能性もありますので、長期的な延滞を続けていたことが会社にバレてしまうリスクも考えられます。

注意事項

  • プロミスの支払いに応じなければ、最終的には裁判沙汰に発展する
  • 裁判所の出頭命令を無視してしまうと、差し押さえが実行される

以上を踏まえて冷静に考えていただければ、プロミスの返済を延滞することが、どれだけリスクの高いことであるかがご理解いただけるのではないでしょうか。

プロミスの滞納時のリスクは『プロミスの借入れ金を滞納前に知っておきたいリスクと対処法|1ヶ月や3ヶ月の滞納の違いや延滞金・裁判までの流れ』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

プロミスの返済を延滞した場合の対処法①まずはプロミスに電話する

万が一、プロミスの返済を延滞してしまった場合、事態を悪化させないためにできることは?

この質問に対する答えとしては、まず何よりもプロミスに電話して、状況を説明することです。

これだけで、あなたの誠実さがプロミスに伝わりますし、返済計画について、プロミスが親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

チェックポイント

  • プロミスの返済を延滞してしまった場合、何よりもまず、電話して状況を説明する
  • あなたからプロミスに電話をすることで、あなたの誠実さが伝わる上、返済計画についても相談に乗ってもらえる

もうお気づきと思いますが、最もやってはいけない行為としては、あなたから電話もせず、プロミスからの連絡にも応じないことです。

支払いに遅延している上、連絡もつかないとなれば、どんどんあなたの信用が落ちてしまうばかりですよ。

プロミスの返済を延滞した場合の対処法②可及的速やかに返済する

あなたからプロミスに電話連絡し、返済計画を相談したら、可及的速やかに返済できるよう、具体的な行動に移りましょう。

とにかくお金を工面しなければなりませんから、固定費や食費などの見直しをしつつ、日払いバイトやクラウドソーシングなどを活用して、素早くお金を作るのがおすすめです。

チェックポイント

  • プロミスの返済を延滞してしまった場合、可及的速やかに返済することが重要
  • 素早くお金を生み出すには、日払いバイトやクラウドソーシングなどの活用がおすすめ

こういう状況下において、他社からの借り入れを検討するのも一つの手ではありますが、結局返済しなければならない金額が増えるだけなので、根本的な解決には至りません。

やはり、最終的には正攻法できっちりと稼がなければ、目の前の問題を突破することができませんよ。

プロミスを申し込むならWEB完結がおすすめ!

プロミスを申し込むならWEB完結がおすすめ!

WEB完結で誰にもバレずに素早く借入れができる!

プロミスの申し込み方法としては、以下の5パターンが挙げられます。

  • WEB完結
  • WEB申し込み→実店舗で契約
  • 実店舗で契約
  • 電話申し込み→実店舗で契約
  • 電話申し込み→郵送で契約

この中でも最もおすすめなのがWEB完結です。

プロミスでお金を借りるならWEB完結が最もスピーディに審査を突破し、借り入れに至ることができます。

プロミスからの郵送物を回避したいならカードレスで契約する

もしもあなたがプロミスからの郵送物を受け取りたくないのであれば、カードレスで契約し、振り込みで融資を受けると良いでしょう。

なお、プロミスからお金を借りる方法は以下の2通りです。

チェックポイント

  • プロミスカードを発行する→プロミスのATMや提携コンビニATMで借り入れする
  • カードレスで契約する→オンラインもしくは電話で借り入れ手続きを行い、指定の口座に振り込みしてもらう

ちなみに、プロミスからの借り入れは、土日祝を含む、24時間365日いつでも好きな時に手続き可能(振り込みの場合は一部のメンテナンス時間を除く)となっています。

困った時に即、お金を工面できるのはありがたいですね。

プロミスで急場をしのぐお金を借りよう!

プロミスで急場をしのぐお金を借りよう!

急場をしのぎたいのであれば、いつでも好きなタイミングでお金を借りることができるプロミスを契約しておくのがおすすめです。

ここで改めて、当記事のポイントとなる部分についておさらいしておきたいと思います。

借り方まとめ

  • プロミスはWEB完結で申し込みができる上、最短60分で借り入れが可能
  • プロミスでお金を借りる際に必要な書類は原則、本人確認書類のみ
  • プロミスで即日融資を狙うなら、理想は午前中、最悪20時までの申し込みが必須
  • プロミスは審査が通りやすい、無利息期間があるなどユーザーからの口コミが良好
  • プロミスは消費者金融系のカードローンであり、審査はそこまで厳しいわけではない
  • プロミスの審査にかかる時間は30分程度
  • 初めてプロミスを利用する場合の利用限度額は50万円
  • プロミスでお金を借りるのであれば金利や返済方法、返済期限などをあらかじめ理解しておく
  • プロミスの返済で遅延すると、遅延損害金の発生や信用情報の欠落などに加え、裁判沙汰に発展する可能性もある
  • プロミスの返済で遅延してしまったら、まずはプロミスに電話連絡し、可及的速やかに返済に努める
  • プロミスの申し込みするなら最もスムーズに手続きが完了するWEB完結がおすすめ

ここまでの内容をご覧いただいたあなたなら、プロミスの契約から利用方法、返済に至るまでのポイントを十分におさえていることと思います。

あとはお金の管理を徹底していただき、返済の遅延だけは起こさないように気をつけてくださいね。