学生がプロミスからお金を借りる方法|親バレせずに借り入れをしたい人必見

親バレせずに、プロミスからお金を借りたい!

そもそも、学生でもプロミスからお金を借りることはできるの?

手っ取り早くお金を工面したいとお考えのあなたなら、このようなことが気にかかっているのではないでしょうか。

結論から述べると、あなたが学生でも収入があればプロミスの審査に通りますし、親バレしないための方法はいくつかあります。

当記事では、学生がプロミスからお金を借りる方法に加え、親バレしないための具体的な対策、審査の流れや必要な書類、審査落ちしないためのチェックポイントに至るまで、ありとあらゆる側面から解説していきたいと思います。

ぜひあなたも、以下の内容を参考にした上で、プロミスの申し込み手続きに進んでみてくださいね。

収入があれば学生でもプロミスの審査に通る

収入があれば学生でもプロミスの審査に通る

学生でもプロミスの利用は可能!

あなたが学生でも、収入さえあれば大丈夫。プロミスの審査をクリアすることができます。

もしもあなたが現時点で、まだ収入を得ていない状況であれば、まずはアルバイトを見つけるなどして、定期収入を確保しましょう。

  • 収入があれば学生でもプロミスの審査に通る
  • まだ収入を得ていない状況であれば、まずはアルバイトを見つけるなどして、定期収入を確保する

プロミスに申し込みする際には、就労先の情報とおおよその年収を記載することになります。

この就労先の情報と年収を申請することによって、あなたの返済能力を証明するというわけですね。

学生でも収入がなければプロミスの審査を突破することはできない

当然ながら、あなたに収入がなければ、プロミスの審査を突破することはできません。

たとえばあなたも、お金を貸して欲しいと頼んできた友人が、一切収入がなく、仕事に就く様子もなければ、「おいおい、大丈夫かよ。」とツッコミたくなるのではないでしょうか。

同じくプロミスも、返済の見込みがない方には融資をしないのです。

したがって、まずはあなたが、定期収入を得られる仕事に就くことが、全てのスタートラインと言えるでしょう。

プロミスの申し込み条件

プロミスの申し込み条件を詳しく知りたい!」という声が上がってきそうですね。

プロミスの申し込みを進める前に理解しておきたい条件は以下の通りです。

  • 20歳〜69歳の方が申し込み可能
  • 学生でも収入があれば申し込み可能
  • 保証人なしで申し込み可能

え!保証人もなしで良いんですね!」と思われたのではないでしょうか。

注意点は、未成年の場合は申し込みができないことです。

もしもあなたがまだ10代であれば、おとなしく20歳を迎える日を待つほかないでしょう。

プロミスの初回借り入れの限度額・学生は低い?

プロミスの初回借り入れの限度額・学生は低い?

初回は信用の観点から枠は少なくなりやすい

初めての借り入れではいくらまで融資を受けられるの?

学生はやっぱり、限度額は低い?

プロミスの利用を前向きに検討しているあなたなら、初回の借り入れ限度額については気になるところですよね。

結論から言うと、プロミスの初回借り入れの限度額は50万円までです。

ただし、全ての人が50万円の枠を獲得できるわけではありません。

プロミスの利用限度額は、あなたの収入や他社からの借り入れ状況に応じて決定されます。

学生は社会人より年収が低いため、利用限度額が低くなりやすい

学生はどうしても社会人と比較し、年収が低くなりがちです。

学生は学業を本分としていますから、そこまで潤沢な年収を確保できないのは当然のことですよね。

以上を踏まえて考えると、やはり学生の利用限度額は低くなりやすいことは確かです。

学生が特別扱いされているわけではなく、ただ単に、年収の多寡に応じて、プロミスの利用限度額が決定されるという意味ですね。

チェックポイント

  • 学生はどうしても社会人と比較し、年収が低くなりがち
  • 年収が低いと、結果としてプロミスの利用限度額も低く設定される

したがって、もしもあなたが利用限度枠をあげていきたいのであれば、年収を増やすか、あるいは社会人になるまで待ちましょう。

学生の期間は、あまり派手に借り入れしないことをおすすめしますよ。

学生として避けたいプロミスの借り入れが親バレしない方法

学生として避けたいプロミスの借り入れが親バレしない方法

親バレだけは絶対避けたい!そんな方に!

プロミスに申し込みしたいけど、親にだけはバレたくない!

このように考えているのはあなただけではありません。きっと、全国の数え切れないほどの学生が、この悩みを抱えているはずです。

そこでここでは、以下の3つの項目を挙げながら、親にバレることなく、プロミスの申し込み手続きを進める方法について考察していきたいと思います。

  • WEB完結でプロミスの申し込み手続きを完了する
  • カードなしでプロミスの申し込み手続きを進める
  • プロミスの支払いに遅延しない

ご覧の通り、申し込みが完了しただけでホッとしてはいけません。融資を受けた後、支払いも抜かりなく行うことが大切ですよ。

それでは早速、それぞれの項目を深掘りしていきましょう。

WEB完結でプロミスの申し込み手続きを完了する

まず、プロミスの申し込み手続きに関してですが、以下の5つの方法があります。

  1. WEB完結←おすすめ!
  2. WEB申し込み→実店舗で契約
  3. 実店舗で契約
  4. 電話申し込み→実店舗で契約
  5. 電話申し込み→郵送で契約

これらのうち、親バレのリスクを限りなくゼロにできる方法はWEB完結のみです。

実店舗で契約することもできますが、いつどこで、誰に見られているかわかりませんし、電話申し込み→郵送の流れでは、郵送物が自宅に届いてしまいます。

したがって、あなたが親バレを防ぎたいのであれば、WEB完結で申し込みすることが前提条件であることを理解しておきましょう。

カードなしでプロミスの申し込み手続きを進める

プロミスから融資を受ける方法は、大きく以下の2通りの方法があります。

融資の流れ

  • プロミスのカードを使い、プロミスのATMや提携コンビニATMで融資を受ける
  • オンラインや電話で借り入れを申請し、振り込みで融資を受ける

つまり、あなたが親バレのリスクを回避するためには、振り込みをしてもらうための口座をあらかじめ用意しておかなければならないということです。

もし現時点で、降り込み用の口座を用意できていないのであれば、まずは銀行口座の作成手続きを進めておきましょう。

プロミスの支払いに遅延しない

もしもあなたが、プロミスから融資を受けた後、支払いに遅延してしまった場合、プロミスから電話や封書などで支払いの督促がきます。

電話ならなんとかうまく誤魔化すことができますが、封書が自宅に届き、それを親が発見してしまったらアウト。

それまで一生懸命こっそりと積み上げてきた努力が全て水の泡になります。

注意事項

  • プロミスの支払いに遅延してしまった場合、電話や封書などで支払いの督促がくる
  • 封書を親に見られてしまったらアウト

以上を踏まえると、親バレを完全に防ぐためには、プロミスの申し込み手続きはもちろん、プロミスから融資を受けるようになった後も気を抜くことができないというわけですね。

プロミスの審査の流れと必要書類

プロミスの審査の流れと必要書類

プロミスの審査はどのような流れで行われるの?

プロミスの申し込みに必要な書類は?

いざプロミスの申し込み手続きを進めようと思った際に気になるのが、プロミスの審査の流れや必要書類に関する情報ですよね。

そこでここでは、以下の2つの項目を挙げながら、プロミスの審査の流れと必要書類について解説を進めていきたいと思います。

  • プロミスの申し込み〜審査完了および融資までは最短60分
  • プロミスの申し込みに必要な書類は原則、本人確認書類のみ

え、プロミスの審査ってたった30分で終わるの?」と思われたかもしれませんね。

早速、それぞれの項目について、詳しく見ていきましょう。

プロミスの申し込み〜審査完了および融資までは最短60分

できるだけ急ぎでプロミスから融資を受けたい方にとっては嬉しいことに、プロミスの申し込み〜審査完了および融資までは最短60分で完了します。

以下、プロミスの申し込みから審査、契約完了までの流れを見てみましょう。

タイトルを編集

  1. プロミスの公式ホームページ』にアクセスする
  2. 今すぐお申込み』のバナーをタップする
  3. 必要事項を入力して申請する
  4. 審査
  5. 借り入れが可能となる

ちなみに「まずは融資可能かどうかだけを知りたい!」ということであれば、『お借入シミュレーション』で3つの項目に回答するだけで、一瞬で融資可能かどうかを診断してもらえます。

ただし、お借入シミュレーションで出た結果が、そのまま審査結果になるとは限りませんので、その点には注意しておきましょう。

プロミスの申し込みに必要な書類は原則、本人確認書類のみ

プロミスの申し込みに必要な書類は原則、本人確認書類のみです。

厳密に言うと、希望の借り入れ額が50万円を超える場合や、プロミスと他社の借り入れ合計額が100万円を超える場合は収入証明書も求められます。

ただし、そもそもプロミスにおける初回の借り入れは50万円までがマックスですし、学生のあなたが、他社を含めても合計の借り入れ額が100万円を超えることはほぼないでしょう。

ちなみに、本人確認書類として有効な書類には、以下のようなものが挙げられます。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票

プロミスの申し込み手続きを進める際には、上記のいずれかの書類を手元に用意しておくと、よりスムーズに申請手続きを完了できるでしょう。

プロミスの必要書類については『契約時に必須!プロミスの借入れ時の必要書類まとめ|限度額によって必要書類が異なる?!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

学生でもプロミスの審査に落ちない為のチェックポイント

学生でもプロミスの審査に落ちない為のチェックポイント

学生でも審査に通る!

プロミスの審査に落ちたくない!

プロミスの審査では、何に気をつければ良いの?

プロミスの申し込み手続きを進める前の最終チェック項目としては、審査落ちしないためのポイントですよね。

そこでここでは、以下の3つの項目を挙げながら、プロミスの審査に落ちないためのポイントについて考察していきたいと思います。

  • アルバイトなどで定期収入を確保する
  • 他社からの借り入れ額を整理する
  • 信用情報に傷がない

アルバイトなどで定期収入を確保することは大前提ですが、他にも他社からの借り入れ状況や信用情報にも配慮する必要があります。

早速、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

アルバイトなどで定期収入を確保する

当記事の冒頭でもお伝えした通り、プロミスの審査に通過するためには、大前提として定期収入を確保しておかなければなりません。

仮にあなたにある程度の蓄えがあったり、親に頼めばお金を出してくれるといった状況であっても、プロミスはそこまでの情報を審査材料とはしてくれないのです。

チェックポイント

  • プロミスの審査に通過するためには、大前提として定期収入を確保しておかなければならない
  • 蓄えがある、親に頼めばお金を工面できるといった状況でも、プロミスはそれらの情報を加味してくれない

したがって、まずはつべこべ言わずに、プロミスから借りる前にお仕事の検索からはじめましょう。

他社からの借り入れ額を整理する

もしも仮に、あなたが他社から借り入れしているのであれば、他社からの借り入れ額は可能な限り整理して必要があります。

もちろん、他社からの借り入れがあると、確実にプロミスの審査に落ちてしまうわけではありませんが、プロミスの審査が不利になることは間違いありません。

ちなみに、他社とプロミスを含め、トータルで借り入れできるのは、あなたの年収の3分の1までとなっています。これを総量規制と呼びます。

ただし、ショッピングや銀行カードローン、住宅ローン、自動車ローンについては総量規制の対象外です。

チェックポイント

  • 他社から借り入れしているのであれば、他社からの借り入れ額は可能な限り整理しておく
  • 他社からの借り入れがあると、プロミスの審査は通りにくくなる
  • 他社とプロミスを含め、トータルで借り入れできるのは、あなたの年収の3分の1まで

ちなみに、プロミスの申し込み手続きをする際には、借り入れ件数や借り入れ額などの情報は正確に入力しましょう。

なぜなら、プロミスはあなたの信用情報を手に取るように把握できるためです。虚偽の記載は無意味どころか、逆にあなたの信用を落としてしまいますよ。

信用情報に傷がない

プロミスの審査では、あなたに返済能力が備わっているかどうかに加え、あなたの信用情報もチェックされます。

あなたはまさか、携帯電話料金やクレジットカードなどの支払いにおいて、遅延していたりはしないですよね。

もし万が一、支払いの遅延を起こしてしまっていたら、あなたの信用情報に傷が残っている可能性があります。

当然、あなたの信用情報に傷が入っていると、プロミスの審査は厳しくなってしまうことを理解しておきましょう。

チェックポイント

  • 携帯電話料金やクレジットカードなどの支払いにおいて遅延があると、あなたの信用情報に傷がつく
  • あなたの信用情報に傷が入っていると、プロミスの審査は厳しくなってしまう

ついつい支払いがギリギリになってしまう!」という方はこれを機に、普段のお金の使い方を見直してみてくださいね。

プロミスの審査難易度については『【プロミスの審査は厳しい?甘い?】審査や融資までにかかる時間も解説!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

今すぐ資金が必要ならプロミスを利用しよう!

もしもあなたに今すぐ資金が必要なら、最短60分で融資を受けることができるプロミスを検討すると良いでしょう。

ここで改めて、当記事のポイントとなる部分についておさらいしておきたいと思います。

まとめチェックリスト

  • 収入があれば学生でもプロミスの審査に通る
  • プロミスの対象年齢は20歳〜69歳の方
  • プロミスは保証人なしでも申し込みができる
  • プロミスの初回借り入れの限度額は50万円まで
  • プロミスの借り入れが親バレしない方法は3つ。WEB完結申し込み。カードレス。支払いに遅延しない。
  • プロミスの申し込み〜審査完了および融資までは最短60分
  • プロミスの申し込みに必要な書類は原則、本人確認書類のみ
  • プロミスの審査に落ちないためのポイントは3つ。定期収入を確保する。他社からの借り入れ額を整理する。信用情報に傷がない。

親バレを防ぎたいのであれば、WEB完結かつカードレスで申し込み手続きを完了し、支払いの遅延は絶対に避けましょう。

これらのポイントを徹底していれば、親バレすることなく、プロミスで資金繰りをすることができますよ。